工事概要

工事名称:
五泉地域衛生施設組合 中間処理施設建設工事
建設場所:
新潟県五泉市清瀬84番地2 ほか
建物:
階数 地下1階 地上5階
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造/鉄筋コンクリート造/鉄骨造
高さ 30.5m
煙突高さ 59.0m
処理能力:
エネルギー回収型廃棄物処理施設 122t/日(61t/日×2炉)
マテリアルリサイクル推進施設 11t/日
焼却方式:
全連続式ストーカ式燃焼方式
余熱利用:
蒸気タービン発電
発電能力:
約2,300kW
工期:
令和3年5月28日~令和7年3月31日
工事費:
17,733,124,200円(消費税含む)
発注者:
五泉地域衛生施設組合(構成市町:五泉市、阿賀野市、阿賀町)
設計・施工監理:
株式会社エイト日本技術開発
設計・施工:
荏原・大原鉄工所・横山建設・坂詰組・山隆リコム特定建設工事共同企業体
代表企業 荏原環境プラント株式会社
作業日及び作業時間:
基本作業日:月曜日~土曜日(祝日も含む)
            基本作業時間:午前8時~午後6時

ただし、以下の理由により、早出・残業や日曜日作業を行う可能性があります。

・コンクリート打設等 作業の性質上、中断が困難な作業や緊急作業
・交通法令上やむを得ない特殊車両の出入
・騒音、振動、粉塵の発生が少ない作業
・建設機械の組立・解体や仮設電気、仮設設備の点検等
・基本作業日における天候不良等による代替作業等

施設の特徴
  • ・国内で最も実績のあるストーカ式焼却方式を採用し、安全・安心で長期にわたり安定的な稼動をめざします。
  • ・災害に対応した設備・体制を備え、災害時も継続してごみ処理ができるようにします。
  • ・厳しい排ガス基準値を設定し、環境負荷を軽減します。
  • ・効率の高い発電設備を採用し、施設の使用電力を賄うとともに余剰電力は売電します。
  • ・ごみ処理で使用した水は施設内で再利用し、外部へは排水しません。
構内配置図(完成イメージ図の視点を含む)
構内配置図
処理フロー
処理フロー
排ガス基準
大気汚染物質 単位 組合基準値 法令等規制値
ばいじん g/㎥N 0.01 0.08
塩化水素 ppm 50 430
硫黄酸化物 ppm 30 約1,750
窒素酸化物 ppm 100 250
ダイオキシン類 ng-TEQ/㎥N 0.1 1
水銀 μg/㎥N 30 30

1.安心・安全で安定した施設

ごみ質・ごみ量の変動に柔軟に対応でき、災害時も含めトラブルや事故のない施設とします。

2.環境に配慮した施設

環境基準を遵守し、環境負荷を低減して周辺環境との共存を図ります。

3.エネルギーと資源の有効活用に配慮した施設

熱エネルギーを発電に有効利用し、資源化量を最大化して最終処分量を低減します。

4.地域に密着した施設

周辺と調和した景観デザインとし、地域住民に親しまれる施設運営を行います。

5.経済性に優れた施設

建設から運営のすべての事業期間を通して、地域経済へ貢献します。

建設地
管理棟アイレベル(視点①)
完成イメージ図01
北東からの施設全景(視点②)
完成イメージ図02
北西からの施設全景(視点③)
完成イメージ図03

※注:令和3年8月時点での完成イメージ図のため、変更の可能性があります。